プレスビー,ドゥーアクティブ,ドラッグストア , コンタクトレンズ・メガネ , 老眼鏡,/heterotactic728944.html,老眼鏡,5586円,グレー,floatingcloud.net 5586円 プレスビー ドゥーアクティブ 老眼鏡 グレー ドラッグストア コンタクトレンズ・メガネ 老眼鏡 5586円 プレスビー ドゥーアクティブ 老眼鏡 グレー ドラッグストア コンタクトレンズ・メガネ 老眼鏡 プレスビー,ドゥーアクティブ,ドラッグストア , コンタクトレンズ・メガネ , 老眼鏡,/heterotactic728944.html,老眼鏡,5586円,グレー,floatingcloud.net プレスビー 信憑 ドゥーアクティブ グレー 老眼鏡 プレスビー 信憑 ドゥーアクティブ グレー 老眼鏡

プレスビー 信憑 ドゥーアクティブ グレー 人気 老眼鏡

プレスビー ドゥーアクティブ 老眼鏡 グレー

5586円

プレスビー ドゥーアクティブ 老眼鏡 グレー


商品の説明

これ一本で老眼制覇!!

買い替え不要!

【サイズと仕様】

・適用度数:+0.5D〜+4.0D

・UV400:99.9%以上カット

・ブルーライト30%以上カット

・材質:レンズ/ポリカーボネート フレーム/グリルアミド樹脂(TR90)

・サイズ:幅140mm×つるの長さ144mm×高さ33.5mm

※サイズ展開はございませんので、ずれ落ちてしまう場合は鼻パッド部分を動かして調整ください。

・一般医療機器 眼鏡/製造販売届出番号:14B3X10029000022

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ブルーライト30%以上・UV99.9%カット!拡大鏡最大2.0倍!!】

仕様

【ご使用上の注意】

・近視、乱視には対応しておりません。

・視力補正、または老眼の視力補正以外の用途で使用しないでください。

・ご使用中に、体調不良を生じた場合は使用を中止してください。

・自動車や自転車、危険を伴う機械操作時にはご使用になれません。

・目を保護する目的では使用しないでください。

ーーーーー

乱視をお持ちの方や、お客様の目の状態によっては携帯電話等の画面は歪んで見える可能性がございます。

屈折率を利用したレンズを使用しているため、単枚レンズのように屈折率がないメガネレンズとは異なり、文字を大きく度数を調節しながら見ることができる反面、小さな面積を凝視する場合、歪んで見える事があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【構造説明】

構造説明

【商品の特徴】

見づらい細かな作業に最適な、拡大鏡機能がついた度数調節メガネ。

小さな活字を読んだり、裁縫をしたり、読書など毎日のニーズに応えるメガネ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな方におすすめ!

【利用シーン / 用途】

・明瞭・爽快な視界を体感できます!

・新聞を読む

・針の糸通し

・サプリやお薬の使用方法等、細かい字を読む

・テレビを見る

・その他、細かい作業に最適です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【サイズ】

サイズ

※サイズ展開はございませんので、ずれ落ちてしまう場合は鼻パッド部分を動かして調整ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【カラーバリエーション】

カラーバリエーション

プレスビー ドゥーアクティブ 老眼鏡 グレー

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(2)】
2012年11月配信
1.マンガン乾電池
1866年に、ルクランシェが乾電池の先駆となるルクランシェ電池を発表しました。これは、素焼き筒の中に電解液を浸し、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いたものでしたが、このルクランシェ電池の電解液を非流動化させ、日常使いやすいルクランシェ型マンガン乾電池の開発が19世紀末に世界で行われました。1880年代のほぼ同時期に日本の屋井先蔵、デンマークのヘレセンス、ドイツのガスナーらが開発を行い、これを乾電池と呼んだのです。
この電池は1880年代の後半から現代まで世界で大量に生産され使用されています。開発初期の正極には、天然産二酸化マンガン鉱石をそのまま粉砕して用いられましたが、現在は硫酸酸性硫酸マンガン水溶液から黒鉛アノード上に電気分解によって析出する電解二酸化マンガン(γ-MnO2)が使用されています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook